取引について

海外FXのスプレッドの特徴

fxの取引所を選ぶ場合はスプレッドのことを重視している人は少なくありません。日本国内にあるfxの取引所は、競うようにスプレッドを狭くしています。

その一方で、海外fxの取引所は、日本国内にあるところほど狭いところは少なく、むしろ海外fxの取引所のほとんどは、日本国内の企業よりも広いというのが特徴です。それでも海外fxの企業を利用する人が多いのはゼロカットやハイレバレッジ、取引の透明性やボーナスなど、日本国内よりもメリットが得られるためと言えます。トレーダーにメリットをもたらす海外fxの取引所ですが、やはり企業ごとのスプレッドの違いが気になるという人は多いですし、選ぶときの基準にしている方も少なくありません。

買値と売値の差のことをスプレッドと言い、これがfxの取引所の実質的な手数料でありトレーダーが支払うコストと言うことになります。fxの取引所によって大幅に異なることもあって、狭いところもあれば、広いところもある訳です。注意する必要があるのは、スプレッドが狭いところが必ずしも優良なところではないことです。海外fxの取引所の主な収入源となるのはスプレッドなため、収入が少ないと、メリットが大きなボーナスを提供することが出来ないなどサービスが充実していかない原因になることがあります。

スプレッドが狭いと、お得な取引所であると判断する人も多いですが、一概にそうとは言えない訳です。自分が求めているサービスと海外fxの取引所が提供するサービスを比べて、自分に適したところを選ぶ必要があります。

海外FXのスプレッドが狭いメリット

海外fxのスプレッド幅が狭いとどのようなメリットがあるかというと、すぐに利益を得られやすいという点が挙げられます。分かりやすく言うと、例えばアメリカドルと円のスプレッド幅が1円だった場合、最低でも1円以上自分が思った方向に動かなければ利益を得る事が出来ません。
しかしスプレッド幅が0.5円だった場合、0.6円だけ動いてくれれば利益を得る事が出来ます。つまりスプレッド幅が狭ければ狭いほどトレーダーにとっては助かるという事です。
特に非常にわずかな利幅を狙いながら、1日に何回も取引をして利益を積み上げていくスキャルピングを行う人にとっては向いています。トレーダーの取引回数が増えるという事は、海外fx業者も取引手数料を取れる回数が増えるので、収益アップにもつながります。

その為スキャルピングをしない人にとっては、あまりメリットがないように思われがちですが、そんな事はありません。スプレッドが狭くなるという事は、その分注文した価格と約定された価格の差が出るスリッページが発生しにくくなるので、自分が思い通りの取引が出来るようになります。

取引をしていてスリッページが発生すると、計画的に利益を得るのが難しくなるので、それがスキャルピングをしていない人にも大きなメリットです。
このように海外fxのスプレッド幅が狭いと、スキャルピングをする人は利益を出しやすくなりますし、しない人もスリッページが発生しにくくなる事で自分の思い通りの取引が出来るようになり、また海外fx業者も取引手数料の回数が増え収益が上がるというメリットがあります。

海外FXのスプレッドの特徴(スタンダード口座)

「海外fx」とは海外に本社を置くFAブローカーを利用して外国為替証拠金取引を行うことを言います。そして「スプレッド」は買値と売値の差額を指します。すなわちスプレッドとはfx取引におけるコストを意味します。海外fxにおけるスタンダード口座では「STP」という方式が採用されており、その代表的な特徴としては「スプレッド幅の広さ」と「取引手数料が発生しない」ことが挙げられます。STP方式では通常流動性が低いとされる月曜日の朝や金曜日の夜中などでも高い約定率をキープできるのが利点です。

またfxのトレーディングソフト「MT4」を不自由なく使用できるなど、初心者であっても比較的スムーズに取引できるのが特徴です。MT4とは超高性能であるにも関わらず無料で利用することができ、世界中の多くのトレーダーから支持されているソフトです。このソフトを利用すれば自動売買が可能になります。ちなみに自動売買を行うためには自身でプログラミングをする必要がありますが、できない場合でも実績あるプロトレーダーや投資会社が作成したEAを代用することでこと足ります。

スタンダード口座を利用することのデメリットは先にも述べたように「スプレッド幅の広さ」にあると言えます。特に取引の回数を重ねれば重ねるほどスプレッド分のコストが増していきます。このコストが気になる場合はECN方式を選択する方が良いかと思われます。またECN方式の方がより透明性の高い取引を行えるとも言えます。

海外FXのスプレッドの特徴(ゼロスプレッド口座)

海外fxの中には、ゼロスプレッド口座という口座を用意しているところがあります。スプレッドとは、売り買いをする時の差額のようなもので、それが広いほど利用者の負担が大きくなります。ゼロスプレッド口座は、まさにそのスプレッドがゼロであるため、取引の負担が軽くなります。スプレッドが広いと微妙な値動きの際には取引をしてもマイナスになってしまうので、スキャルピングをすることができません。しかし、ゼロスプレッドならそれが可能です。

しかし、それならそちらの方が良いと言えばそういうわけでも必ずしもないです。ゼロな分、取引をするのに手数料が一定額ごとに取られてしまうからです。そのため、どっちが良いかは考えて利点を感じる方を選ぶことをおすすめします。手数料はFX取引において経費として申告することが可能であるため、節税をしたい場合はこちらを選んでおくと良いでしょう。

また、取引に必要な入金額が大きく設定されていることも少なくありません。スタンダードな口座の場合、海外FXは特に金額の最低入金額の制限がないところも多いですが、ゼロスプレッド口座についてはある程度有利な仕組みになっているため、資金を多く預ける方向けにしているということでしょう。
いずれにせよ、海外fxといってもいろんな会社がありますし、それぞれ口座の名前が同じでも違いはありますので、詳細はきちんと確認したうえで自分に一番有利なものを選択するようにしてください。

-取引について

© 2021 海外FXトレード!ゼロから口座選びがわかる!