取引について

海外FXのレバレッジの魅力

海外fxのレバレッジにおける魅力はやはり、日本では考えられない倍率にあります。
日本のfxレバレッジの倍率が最大25倍に規制されていますが、海外ではこの制限がないです。
この為、25倍以上の海外fx業者が殆どですし、100倍や200倍も珍しくない状況です。

それどころか500倍や1000倍のレバレッジを設定する業者もあるので、海外fxは数字だけでも魅力的です。
中には3000倍というまさに桁違いの数字も存在しますから、海外fxのレバレッジは日本の常識からすると規格外です。
レバレッジの倍率が大きくなるほど、トレードの幅が広がりますし、大きなリターンを狙って挑戦することができます。
勿論、レバレッジの大きさはリスクに直結するので、日本では特に避ける人も少なくないといえます。

しかし海外fxの場合はゼロカットがありますから、レバレッジによって大きな損失が発生しても、実際の負担は最小限で済みます。
これもまた海外fxの魅力の1つで、国内fxと比較することで明確になる違いです。

資産の信託保全や分割管理など、気になる部分は少なからずありますが、魅力といえるメリットの方が上回ります。
ゼロカットも業者によって採用していたりいなかったりマチマチですが、割と採用している海外fx業者は多いです。

取引する業者の選択肢が豊富で比較、検討が行いやすい点についても、日本国内のfx業者より海外に軍配があがるでしょう。
違いの多さが魅力に結びついていますから、fx業者を選定する際は国内外で比較を行うのが賢明です。

海外FXのレバレッジで注意するリスク

海外fxの利用におけるレバレッジには、注意すべきいくつかのリスクが存在しています。
日本国内に対し、海外fxはレバレッジの規制があまり強くないので、数百倍どころか中には1千倍を提供する業者も存在します。
逆にいえば、高倍率レバレッジを掛けられることは、思わぬ損失が発生するリスクがある裏返しです。

知らなかったでは済みませんから、予めリスクを良く理解した上で、海外fxの利用やレバレッジの選択を行いたいものです。
勿論、日本では選べない高倍率はメリットにもなり得るので、その点の優位性に疑う余地はないでしょう。
海外fxのもう1つのリスクには、信託保全の仕組みが義務化されておらず、顧客の資産が安全に守られているか不透明なことが挙げられます。

日本だと義務化されていますが、海外ではまだまだこれからなので、海外fxの利用の際は信託保全を明確化している業者の選択が賢明です。
案外無視できないのは送金手数料で、海外fxの利用においては避けて通れないポイントです。

リスクといえるかは微妙ですが、しかし塵も積もれば山となりますし、投資資金の目減りが今後のトレードに影響することもあるので、軽視しないことが大切です。
海外fxはやはり、レバレッジの大きさが一番の魅力ですが、同時に損失拡大のリスクにもなるのが気になるところです。
投資の責任は基本的にトレーダーにありますから、知らないという言い訳は通用しないので、必ずレバレッジについて把握してから利用を始めるのが現実的です。

海外FXのレバレッジの証拠金

FXは外国為替証拠金取引とも呼ぶように、取引をする上で担保となる証拠金とします。そしてその証拠金に対して何倍もの取引ができる仕組みがレバレッジです。レバレッジがあるからこそ、少ない元手で大きく稼ぐことができます。

海外fxにおいても、当然レバレッジを利用して取引をするためには、証拠金を用意しなければいけません。ただし、日本とは状況が違うところがあります。日本のFXでは、投資に失敗して多額の借金を背負うことがないようにレバレッジは25倍までという制限がかけられています。

それに対して海外fxのほうは、数百倍は普通で高ければ1000倍以上に設定できるところもあります。日本と同じように制限をかけている国もありますが、アメリカやカナダでも100倍となっていますからかなりの差です。レバレッジが高ければ、当然のことながら利益も大きくなり日本の業者で取引をするよりも儲けやすいです。

ただし、レバレッジが高い海外fxで失敗をすれば、少額の証拠金でも多くの損失を被る危険性が出てきます。そのような事態を防ぎたいならば海外fx業者を選ぶときには、ロスカットルールという証拠金が少なくなったときに強制的に決済を行うシステムについて注目しておくと良いでしょう。ロスカットの水準は海外fxでは、証拠金の維持率が0%から50%程度になったときに行われます。

市場の動きが急すぎて、ロスカットも間に合わなかったときに備えたいならば、さらに損失が発生したときに追証が発生しないゼロカットというシステムもあります。

海外FX口座をレバレッジで選ぶポイント

日本ではFX投資を行う人が増えています。
若い世代にも人気が高いFXですが、最近は海外fxに人気が集まっています。
海外fxの人気が高い理由のひとつがレバレッジです。
海外fxは日本国内の会社とは異なる特徴がありますが、大きな違いと重要なポイントがレバレッジです。

日本国内の会社に口座を作ってFX取引を行った場合は最大でもレバレッジは25倍ですが、海外fxの場合は200倍から500倍という高いレバレッジをかけることが可能になっています。
レバレッジを利用すると、担保になる自己資金を倍以上にして外貨の取引ができます。
10倍のレバレッジを使うと取引額が10倍になるので、投資効率が上がります。

少ない資金でも大きな金額を動かすことができるため、多くの投資家が自己資金を増やすために活用しています。
ハイリスクハイリターンなので、初心者の場合は特に注意が必要になります。
大きな勝負に出ると相場の変動に伴うリスクも大きくなるので、証拠金には余裕を持つことが重要です。
海外fxを選ぶ際は、サービス内容をよく確認して選ぶことが大切になります。

日本国内の会社に比べて魅力的なサービスを提供している会社が多いですが、リスクについてもよく調べることが海外fx選びの重要ポイントです。
高いレバレッジとロスカット水準が低い会社が人気を集めていますが、海外fx会社を選ぶ際は強制ロスカット水準も重要になります。
よく考えて会社を選ぶことが大切です。

-取引について

© 2021 海外FXトレード!ゼロから口座選びがわかる!