使い方について

海外FXのゼロカットの仕組み

海外fx業者が導入しているゼロカットは、予想を超える相場変動が発生した時に、追証を文字通りゼロにするものです。
言い換えれば、海外fxの口座に預けた金額以上の損失を発生させない仕組みです。
これは過大な借金を防ぐ為の仕組みで、トレーダーは証拠金以上の損失や負担を追わずに済みます。
日本国内のfx業者だと導入されていないので、この点は海外fxに軍配があがるといえるでしょう。

とはいえ、ゼロカットで追証を免れることはできても、やはり証拠金を失うことは避けられないです。
大きなレバレッジでハイリスク・ハイリターンを狙えるのはメリットですが、損失は損失なので軽視しないことが重要です。
ゼロカットは、口座残高に応じて損失が決まりますから、入金額が少ないほど大きな損失を回避できます。
例えば、残高が100万円で100万円の追証が発生すると、損失は合計200万円位なります。

しかし海外fxのゼロカットであれば、追証分の請求が発生しませんから、トレーダーは100万円の損に留まるわけです。
勿論、海外fxでもゼロカットが導入されていなかったり機能しなければ、日本国内と同様に追証が発生し得ます。

仕組みの理解こそがゼロカットの活用、そして海外fxの安全な利用に繋がるので、基礎を学び理解を深めることが大切です。
ゼロカットの仕組みの存在は、トレーダーに安心感を与え冷静な判断力をもたらしますから、実に合理的で魅力があるといえます。

海外FXのゼロカットの手順やタイミング

海外fxは日本と違ってゼロカットを採用しており、自分が投資した分以上の損失がないようになっています。日本の場合は損失補填が法律で禁止されているため、このような仕組みを採用しているところはないので、海外fxの方が優れています。

ハイレバレッジを使用すれば少ない資金でも取引ができますが、もしゼロカットがなければ少ないお金でも大きな負債を追う可能性があります。日本では追証があり、マイナスになった分は借金になってしまいますが、海外fxの場合は自動的に一定の証拠金維持率を下回ればロスカットされる仕組みになっていて、たとえマイナスになったとしても、その分の追証は発生しません。

手順は、特に何もしなくても良いというところが多くなっています。口座がマイナスになっていたとしても、次に入金すると自動的にリセットされてマイナスが消えるという仕組みです。ただし、海外fxといってもたくさんの種類があるので、中には申請が必要なケースもあるかもしれませんので、直接確認しましょう。

日本人が多く利用しているところについては、基本的に勝手にマイナスがゼロにされるようになっていますので、特に気にする必要はありません。
ロスカットがなされる証拠金維持率は、海外fxによって異なります。一番低くなっているところの場合は、20パーセントまで耐えることが可能です。これなら、少ない資金であってもそれなりにロスカットされずに投資を楽しむことが可能です。

-使い方について

© 2021 海外FXトレード!ゼロから口座選びがわかる!