使い方について

海外FXでスキャルピングがやりやすい理由

スキャルピングはFXや株取引の際に細かく入金や出勤を繰り返すことで利益を上げる非常に高度な方法です。通常はいちどその対象に投資をしたらしばらく様子を見る方法が一般的なのですが、長時間操作ができる状態にある場合には細かく投資をして利益が出たらすぐに引き上げると言うこのスキャルピングの方法を用いることで、一度の儲けは少なくても高い利益を上げることができます。

スキャルピングが効果的に利益を上げることができる理由は他にもあり、その1つに値動きがするタイミングを狙ってそれぞれの銘柄の利益を他に投資することができる仕組みにあります。そのため、一般的にその値動きは日本の場合には取引を行う場所が同じであるため時間帯が決まっているのですが、海外fxの場合にはその時間帯がそれぞれ異なるため、その異なる対象への投資を渡り歩くようなスキャルピングができることから、高い利益を出すことができることが可能となるのです。

スキャルピングが海外fxでやりやすい理由は、動きが頻繁になるタイミングがそれぞれ異なることによります。スキャルピングは値動きがないと投資をしても意味がないため、日本のように同じ時間帯にすべての銘柄が値動きを示すような場合にはあまり効果がないのです。そのため、スキャルピングが単純に高い利益を生むと言うものではなく、様々な時間帯に値動きをする銘柄を狙って、その取引を上手に行うことが高い利益を生むことになります。

海外FX口座、スキャルピング重視の選び方

海外fx口座において、スキャルピング重視の選び方のポイントとしては、まず第一にスキャルピングが禁止されていない海外fx業者であることが大前提となります。

これを前提に置いたうえでのスキャルピング重視の選び方としては、まず第一にとにかく少しでもスプレッド狭い業者を選ぶべきといえます。
スキャルピングでは、短時間で利益確定を繰り返すことになるので、取り引き回数が多くなることでしょう。取り引き回数が多いということは、スプレッドが安い方がコスト的には非常に有利です。またスプレッドが安ければ、小さな利幅であっても利益確定ができるため、勝率が非常に上がりやすくなる特徴があります。

具体例をあげるとすると、毎回3pipsの利幅を確保したいと思った場合は、スプレッドが2pipsの海外fx業者の場合には、最低でも5pipsをとらなければ利益を確定することができません。しかしスプレッド1pipsの海外fx業者を選んだ場合には、最低4pips以上の利幅であれば利益を確定させることができるということです。

またスプレッドと並んで重視したいこととして約定力が挙げられます。約定力が優れている業者を選んだ場合には、マイナススリッページが少なくなるでしょう。これによりスプレッド拡大しにくくなり、コストが非常に安定し有利に働きます。スキャルピングでは小さな利幅を抜いていくことになるので、スプレッドが安くても取り引きのたびにマイナススリッページが発生した場合は、取り引きコストが大きくなってしまいます。このことから約定力も優れている海外fx業者を選ぶことは重要です。

海外FXでスキャルピングが向いているペアは?

海外fxでスキャルピングが向いているペアはポンド円、ポンドドルです。
他にもポンド絡みの通貨ペアもオススメですが、主要な通貨ペアは円とドルとなり資金の流動性が高く利益が取りやすいです。

スキャルピングは、エントリーしてから決済するまでの時間が非常に短い取り引きです。
場合によっては1分も保有せずに決済してしまう事もあります。短い時間で取り引き出来るので仕事や家事などで忙しく、投資をする時間が無いという方にも気軽に取り引き出来る事がメリットです。短い時間でしっかり利益を得ようと思うと、値動きが大きい方が良いです。

その点でポンド絡みの通貨は値動きが大きく、短時間で大きな利益を得る事が出来ます。
しかし大きな利益を上げられる反面、大きな損失を出してしまうリスクもあります。その事を理解して損失を小さく抑えながら、大きな利益を出し続けてトータルで勝つ事を目指すと良いです。価格の変動が激しいものは怖いという方はドル円やオーストラリアドル円、ユーロドルなどで取り引きをする方が良いです。

ポンド絡みの通貨よりも価格の変動が緩やかで、安心して取り引きが出来ます。また投資する資金量の調整をするとドル円などの価格変動の緩やかな通貨でも、大きく利益を上げられるようになります。海外fxはレバレッジの規制がない為、大きいところでは1000倍の資金で取り引きが可能なので、少資金でも多く稼ぐ事が出来ます。

自身に合った通貨ペアと資金量で、無理のない取り引きをすると良いです。

-使い方について

© 2021 海外FXトレード!ゼロから口座選びがわかる!